50代女性の体に起こる変化とは?更年期障害の対処法も解説!

女性の体は年齢によって刻々と変化していくものですよね。中でも40代を過ぎて50代になってくると、女性にはある重大な変化が出てきます。

今回はそんな50代女性の体の悩みについて解説していきましょう。

50代女性の体に起こる変化とは?

50代女性には閉経という大きな分岐点が訪れますよね。日本人の平均閉経年齢は約50歳と言われています。

この時期に女性ホルモンの分泌量が大きく減少し、体への不具合も出てくるんです。これが更年期障害と言われるものです。更年期障害は閉経の前後5年程度、つまり45歳~55歳の方によく出てくる症状です。

この更年期障害に悩まされる女性が非常に多くて、自由な恋愛の障害にもなってしまっているんです。

更年期障害の主な症状はホットフラッシュです。これは外の気温にかかわらず、いきなり体が熱くなって汗をかいたり、のぼせてしまったりする症状です。

このように書くと大したことないと思われるかもしれませんが、ホットフラッシュはホントにつらいんですよ。特に女性のことですから、汗をかくのはあまり嬉しいことではありませんよね。

更年期障害の原因とは?

更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れなんです。通常であれば脳がきちんと働いて制御していた機能が、きちんと働かなくなるんですね。 この女性ホルモンの低下による自律神経の乱れは、生活習慣に問題がある人ほど顕著になるんです。つまり更年期障害の対策には、生活習慣の見直しが必要になるんですね。

更年期障害には適度な運動と節制を!

更年期障害の対策に激しい運動は必要ありません。むしろ体力の衰えてきた女性に強い刺激は逆効果です。散歩などの軽い運動を取り入れるようにしましょう。 それにお酒やタバコもほどほどにするのが一番ですよ。これらも自律神経の乱れを生む大きな原因となりますので注意しましょう。

それでもダメならサプリで補助!

 

運動と節制だけで更年期障害が良くなればそれでいいんですが、それでもダメなら食べ物を工夫するのも良いでしょう。

具体的には滋養強壮に効く高麗人参や黒酢、イソフラボンやギャバなどの成分を取り入れましょう。

それらがまとめて取れるサプリメントは更年期障害対策にも有効ですね。筆者のおすすめは体の不調にお悩みの方に【白井田七。かめ】です。こちらは上記のような成分がふんだんに盛り込まれていて、口コミ評価も高いんですよ。

初回はすごく安く手に入るので、ぜひ一度試してみてくださいね。



まとめ

いかがだったでしょうか。

50代女性の体の悩みは大きなものですが、上記のような対策を参考に立ち向かってくださいね。



rika 53歳既婚
恋愛関係のコラムを中心に、雑誌やWEBメディアでの連載も多数。たまに辛口も出ますが、恋に悩む独身女性に誰よりも正直なアドバイスをすることをモットーにしています♪