バツイチ50代女性に幸せな出会いはあるか?再婚はアリ?

file000590857181

女性はいくつになっても綺麗でいたいものですし、独身で彼氏もいなければ素敵な出会いを夢見るものですよね。それは一度離婚を経験した50代女性だって同じことです。でもそれってなにも悪いことじゃないですよね。

というわけで今回は、バツイチの50代女性が幸せな出会いをつかみ取る可能性について考えてみたいと思います。



離婚歴のある50代女性について男性の本音は?

男性っていってもいろんなタイプの人がいるので一概には言えないんですが、女性の離婚歴についてそんなに気にする人って少ないのが現状なんですここはまず安心して良い部分だと思いますよ。

昔なら離婚して家に戻ってきた女性ってどうしようもない残り物みたいなイメージもあったじゃないですか。「もうもらってくれる男性なんて見つからない」と親が嘆いたりしたわけです。このイメージでバツイチの女性はネガティブになることも多いと思うんですが、心配する必要はないんですよ。

だって今って「嫁に行く・嫁ぐ(とつぐ)」なんて感覚自体が時代遅れになっていますよね。本人同士が好きだから、一緒にいるために結婚するわけであって、お互いの両親のことなんてどうでもいいんです。ちょっと言い過ぎかもしれませんが、恋愛なんてそのくらいの感覚がちょうどいいんです。

そうじゃないと50代になって再婚したとしても、それで相手の両親の老後の世話なんてみたいですか?そんなのバカらしくてやってられませんよね。素敵な出会いを求める女性は、恋愛の相手を探しているのであって、両親の介護なんて関係ないんです。

50代になったって女性は恋愛の相手を探して出会いを求めるわけです。だからその恋愛という要素以外に目を向ける必要なんて全くなくて、それと同じ価値観を持つ男性と出会えばそれでいんです。

そこに結婚や離婚なんて関係ありませんし、ありのままの自分自身をぶつけ合える相手なら、それでいいはずなんですよね。

だから再婚という目標が??

そんなことを考えてみると、バツイチの50代女性が再婚を目指すというのも不要な気がしてきませんか?だって子供もいないのなら、あえて結婚という制度を使う理由なんてないんです。今は事実婚という形をとって幸せに同居している中高年カップルなんていくらでもいますし、そんなに珍しいことではないんです。

どうしても中高年の恋愛って結婚が目標になったりするんですが、そこを見直せばさらに幸せな人生を送れる可能性が増えるんです。

結婚の利点は「財産を一つにして遺産相続できること」と「同じ名前に変えることができること」の2点だけですだから名前の金にこだわらなければ結婚なんてする必要はないわけです。それでもパートナーとして生きていくことは可能なんです。

結婚や再婚ということになれば、きっと両親や親せきなんかもゴチャゴチャ文句を言ってきたりするじゃないですか。そういう状況が目に見えているならなおさら結婚なんてしないほうが得策です。

事実婚ならバツイチだって親が病気だって関係ないんです。お互いが認め合って生活することができれば、それが一番幸せなんですよね。バツイチ女性にはこうした形が一番なのかもしれません。

バツイチ50代女性の出会いならノッツェの無料パートナー紹介

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-49

もしまだ素敵な出会いに巡り合えていない50代独身女性がいるなら、ノッツェの無料パートナー紹介を使ってみてください。これはネット上の結婚相談所みたいなもので、好みの男性のタイプを入力しておくと、勝手に男性候補のプロフィールが送られてくるんです。

これを見て気に入ればメッセージを交換していけばいいですし、気に入らない相手なら無視しておけば大丈夫です。この仕組みって完全に結婚相談所と同じなんですが、違うのが「無料で使える」ことと、「家で完結する」ということの2点です。つまりお金も手間もまったくかからないんです。

ノッツェには40代50代の男女も数多く登録していますし、バツイチでも出会いの可能性は高いのでねらい目ですよ。



まとめ

いかがだったでしょうか。

50代でバツイチの女性はいろいろと悩むところもあるでしょうが、恋愛に関してはトコトン自由に活動していけばいいんです。「誰かに笑われるかもしれない」なんて気にする必要はまったくありませんし、楽しい恋愛と素敵な出会いをドンドン求めていくことにしましょう。



rika 53歳既婚
恋愛関係のコラムを中心に、雑誌やWEBメディアでの連載も多数。たまに辛口も出ますが、恋に悩む独身女性に誰よりも正直なアドバイスをすることをモットーにしています♪