50代女性で事実婚を選ぶ人が急増中!もう結婚なんて古い?

1367679670zx8m9

女性はいくつになっても綺麗でいたいものですし、独身で彼氏もいなければ素敵な出会いを夢見るものですよね。それは40代を過ぎて50代になった女性だって同じことです。

でもそんな中高年の恋愛結婚事情に今、大きな変化が起きようとしているんです。それが事実婚の増加なんです。

50代女性の事実婚が急増中

昔なら恋愛して一生一緒に暮らすと決めれば、結婚するのが普通だったじゃないですか。もちろんそれは今でも変わっていないことなんですが、結婚という形を選択しない男女も多いことは確かなんです。

中でも50代を過ぎた男女の場合、結婚より事実婚のほうがメリットが多いこともあって、結婚する意味が今なくなってきているんですよ。その理由を順番に見ていきましょう。

中高年の結婚は周りが反対しやすい

中高年になってからの恋愛や結婚って恥ずかしいと考える人が多いんですよね。もちろんそんな古い価値観を持った人間は無視しておけばいいだけなんですが、それが親族となると面倒なものじゃないですか。

別に親戚や兄弟、親なんかに反対されても無視すればいいので関係ないんですが、そんなことで消耗するのもバカらしいし、結婚することによって家族間の関係を表面化させる必要なんてないんですよね。

つまり事実婚という形を選べば、お互いの親族なんかを2人の関係に巻き込むことなく、二人だけで平和に過ごせるというわけです。結婚しなければ親族に紹介する必要もありませんし、反対する場さえ作らせないということです。

実際、血縁関係があったってしょうもない関係なら関わりを持たないほうが得策ですよね。自分の人生なのだから、自分が好きな人とだけ関わって生きていけばそれでいいんです。好きな人のほかに必要なものなんてありませんよね。

名前の変えるのも面倒

結婚って女性のほうが苗字を変えて成立するわけじゃないですか。でも中高年になってから名前が変わるのってめんどくさいだけでメリットがないと思いませんか?人に名前を呼ばれても気が付けないかもしれないし、変更手続きなんかもいろいろと面倒ですよね。

名前を変える制度って、子供ができる前提での利便性を重視した話なんですよね。だから50代で子供を作ることができないのなら、名前を変更する理由なんて一つもないんです。

もちろん好きな人と同じ名前になりたいという方もいますよね。そういう方はぜひぜひ結婚すればいいと思うんです。でもそうでないならあえて結婚という制度を選ぶ意味もありません。

財産分与なんて必要ない

これも家族間の問題に含まれるものなんですが、結婚していると男性が死亡した時に財産分与の権利を得ることができるんですね。これを望むなら結婚はもちろんしなくてはいけません。今の日本の制度上、内縁の妻に遺産相続の権利は認められていません。

でもこの遺産相続って家族間の争いが一番起きやすいシーンなんです。こんなところに中高年になってから結婚した嫁が入れば酷い目にあうことはわかりきっています

そんな争いに巻き込まれるくらいなら、もともと結婚なんてせずにお金のことは気にせず生きたいと願う方が多いんです。別に男性と結婚するのは遺産相続したいからっていうわけじゃないですよね。それならもともと結婚なんてしないほうが気楽でいいんです。

結婚相談所を利用しても事実婚で問題なし!

そんな事実婚についてちょっと不安に思っている方が多い理由に、「結婚相談所などを利用す場合、最終的に結婚相手を見つけなければいけないのではないか」との考え方なんです。

でもそんな心配は必要ありませんよ。筆者は多くの結婚相談所の職員と話をしたんですが、利用者が結婚というゴールにこだわる必要はないと明言してくれているんです。実際、事実婚を選ぶカップルも相当な割合に上るらしいですよ

だから「結婚」をうたった出会いツールもどんどん利用していけばいいんです。結婚か事実婚かなんてほんとに些細な違いなんですよね。

事実婚を含めたパートナー探しならノッツェの無料パートナー紹介がおすすめですよ。これなら結婚相談所のように費用もかかりませんし、ネットで無料登録すればかってに希望にそった男性のプロフィールが送られてくるので、手間も一切ないのがいいですね。

とにかく今の50代女性は幸せになるためのオプションがいくらでも用意されているんです。いろいろ悩んでいるより先に、ちょっと行動してみればすべてが変わるかもしれませんよ。



rika 53歳既婚
恋愛関係のコラムを中心に、雑誌やWEBメディアでの連載も多数。たまに辛口も出ますが、恋に悩む独身女性に誰よりも正直なアドバイスをすることをモットーにしています♪