中高年女性の赤ら顔が急増?その原因と解決法

女性ならいくつになってもきれいでいたいものですよね。メイクにスキンケアにと頑張って、美魔女の称号を得たいと誰もが願うところです。

でも40代以降の女性にとって、肌の悩みって尽きることがありません。特に最近問題になっているのが頬や鼻が赤くなって恥ずかしい」という悩みなんです。

中高年女性の赤ら顔はイメージ最悪!

中高年女性の赤ら顔って、世間から見たイメージはほんとに最悪です。あまりこんなことは言いたくないんですが、簡単にいえば「更年期?」か「酒の飲みすぎ?」のどちらかと疑われてしまうんです。

本当にお酒を飲みすぎて肝臓がやられている人なら、今すぐに病院に行ったほうがいいですよ。更年期で顔が火照ってしまう人もお医者さんに相談したほうがいいでしょう。

でも問題は「更年期でも酒飲みでもないのに、なぜか顔が赤くて困っている人」なんです。若い女の子ならまだいいんです。ほほが染まった姿もかわいいでしょうし、幼くて弱い印象もいいでしょう。

ところが中高年女性の場合はそうはいきません。いくらなんでも「頬が染まった感じがかわいい」なんてポジティブに受け止められることはなく、ただ「更年期?肝臓?」と疑われて距離を置かれるだけです。

原因は間違ったスキンケアにあった!

女性の赤ら顔って原因は間違ったスキンケア方法にあるんです。10代のころから厚化粧をして肌に負担をかけ、ゴシゴシ化粧を落としてさらにダメージを加える。こんなことを何十年も繰り返してきた中高年女性の肌は、もうボロボロのペラペラになってしまっているんです。

薄くなった肌は炎症しやすく、血管が透けて見えるので肌の赤みが際立ちますこれが女性の赤ら顔の原因なんです

そんな赤ら顔をファンデやコンシーラーの厚塗りで隠そうとすると、さらに肌への負担を増やし、赤ら顔をさらに悪化させてしまうことになるんです。

だから赤ら顔が気になる人は、まずはスキンケアの方法を見直すことをおすすめします。まさかいまだにドラッグストアに売っている激安の化粧水を使っているひとなんていませんよね?

赤ら顔専用化粧水がおすすめ!

市販の安いスキンケア用品って、肌に負担をかける悪成分だらけでほんとにこわいんです。アルコールに石油系原料、パラベン、界面活性剤なんかがこってり入った化粧水を使っていると、それだけで肌を弱らせてしまうんです。

そこでおすすめなのが赤ら顔専用の化粧水、【白漢しろ彩】なんです。赤ら顔用の化粧水って国内にはほとんどなくて、通販限定だから知名度は低いんですが、満足度はびっくりするほど高いんです

参考:白漢しろ彩の購入レビュー!口コミや成分解説も!

赤ら顔を改善することに特化した化粧水だからその効果は絶大だし、敏感肌の人でも安心な無添加へのこだわりも相当です。値段はちょっとお高めですが、全額返金保証もついているし試してみる価値は十分にあるでしょう。

中高年女性にとって肌は命です。きれいで輝く肌になれる日まで、一緒にがんばっていきましょうね。

赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】



rika 53歳既婚
恋愛関係のコラムを中心に、雑誌やWEBメディアでの連載も多数。たまに辛口も出ますが、恋に悩む独身女性に誰よりも正直なアドバイスをすることをモットーにしています♪