年の差遠距離恋愛のダブルハードルを乗り越える方法3選!

遠距離恋愛は精神的な負担も大きいものですし、ハードルの高さにめげてしまう方も多いのではないでしょうか。そこにさらに年の差という要素が加われば、続けていくのはさらに困難になるでしょう。

今回はそんな年の差遠距離恋愛を続ける方法について解説していきましょう。

恋愛するならダイエットも大切!大人のカロリミット徹底解剖しました!
大人のダイエットには大人のカロリミット!普通のカロリミットとの違いとは?

年の差遠距離恋愛成功のコツ

file0001728424694

不運な境遇を楽しむ

普通に考えればカレと歳が離れていて、しかも遠くに離れているということになれば、自分の不運な境遇に悲しくなって、泣きたくなることもあるでしょう。しかしそんな時は考え方を180度変えるべきです。

一度きりの人生なのですから、そんな境遇も割り切って楽しんでしまえばいいのです。ドラマのヒロインのように悩んだり落ち込んだりしてみても、そこに鳥瞰したようなすがすがしさがあれば、カレとの関係も楽しめてしまうはずです。

恋愛の悩みを人に相談してみる

遠距離恋愛で年の差もあるという事になれば、世間的にはかなり珍しいケースであるといえ、話を聞かされれば誰もが興味をもつところでしょう。

ですので年の差遠距離恋愛のカレとの関係に悩んだら、人に相談してみれば良いのです。面白おかしく話を聞いてもらえれば心も晴れますし、自分の置かれている境遇の珍しさにも自信が出ることでしょう。

そうすればその恋愛ももっと楽しめてしまうはずです。

割り切る!

真面目なあなたなら、お付き合いをする男性とはいずれ結婚したいと考えるところでしょう。もちろんそれが何よりの理想ですし、そこを目指すのは何も間違っていません。

しかし年の差があり、遠距離ということは現実的に見て、結婚にはかなり高いハードルが待っているといえます。このハードルに悩むようでしたら、いっそのこと割り切って交際をしてみるのはいかがでしょうか。

いつでも別れられる遊びのカレという認識なら、距離や年が離れていても気楽に付き合うことができるでしょう。恋愛を楽しむためにはそのくらいドライなスタンスを保つことも、時には重要になるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年の差遠距離恋愛は難しいものでしょうが、考え方を変えれば案外楽しめてしまうものです。これをきっかけにもう一度考え直してみてくださいね。

rika 53歳既婚
恋愛関係のコラムを中心に、雑誌やWEBメディアでの連載も多数。たまに辛口も出ますが、恋に悩む独身女性に誰よりも正直なアドバイスをすることをモットーにしています♪